ドクター

水虫の治療薬は症状によって異なる|効果のあるものを使おう

爪の濁りには要注意

病室

「爪水虫」はあまり聞きなれない言葉ですが、どんな病気でしょうか。「水虫」と同じく白癬菌が原因となる病気です。白癬菌は足の汗や垢などで繁殖します。初めは足の指に発症した水虫が爪の間に侵食すると、「爪水虫」となってしまいます。爪水虫になると、爪が白く濁り始め、症状が進んでくるに従って変形したり、さらにひどくなるとぼろぼろ崩れるようになってしまいます。通常、親指に発症することが多いのですが、次第に他の指にも感染してゆきます。普通の水虫の場合は塗り薬によって治すことが多いのですが、爪水虫はそれだけでは治すことは難しいものです。医療機関に通院し、内服薬を処方してもらう必要があります。どうしても通院する時間のない人には、インターネットで購入できる治療薬も人気となっているようです。しかし、薬には少なからず副作用がある可能性がありますので、使用には十分注意が必要です。

爪水虫にならないためには、どんなことに心掛けるべきでしょうか。発症の原因は通常の水虫と同様に「白癬菌」の繁殖ですから、菌の繁殖を抑える必要があります。長時間履いたままのブーツや靴の中は温度が高くなり、蒸れた状態です。白癬菌の繁殖にはもってこいの場所といえます。対策としては、毎日殺菌効果のある石鹸で足を洗い、その後にはよく乾燥させること。なるべく同じ靴を履き続けないこと。可能であれば職場では通気性のよいサンダルを着用する、日中、靴下を履き替える、など、足の蒸れを軽減するように工夫することが大切です。爪水虫は男性だけの病気ではありません。ブーツやハイヒールの着用により、女性の患者も増えています。自分の足や爪の状態を日頃からよく確認し、爪水虫にかからないように注意しましょう。